本日の稽古


2017年5月22日、本日の月曜稽古は琴似中学校の格技室でした。
本日は他道場から4人の中学生が出稽古での参加で、また週末の錬成大会の後ということもあり、それぞれ課題を持っての稽古となりました。

本日の稽古では小学生と中学生のグループを分け、それぞれ異なる課題を持って稽古しました。

小学生は2人の先生方に見ていただき、足さばき、体さばき、打突など剣道の基本の形を意識し、なんども反復し体に覚え込ませる稽古を指導していただきました。普段の稽古では大人数でなかなか目が行き届かないこともあるので、本日の稽古で細かく指導していただき子供達は皆それぞれ自分の課題を見つけられたと思います。

中学生は基本稽古は短めに終え、その後1対複数の応じ技の練習や試合稽古をし、週末の錬成大会の勢い冷めやらぬ充実した稽古となりました。

20170522_1.jpg

本日のポイント。

【小学生】
・打突の後は居付くことのないよう、打ち抜く。
・残心をしっかり取る。
・踏み込みをしっかりする。
・左足の引きつけに気を付ける。
・足を継がない打突が出来るようになる。

【中学生】
・試合稽古も本番の稽古の気持ちでのぞむ。
・前後だけなく、8方の足さばきを意識する。
・表と裏の打突の違いを意識する。
・自分の課題をしっかり把握し修正する。

コメント

非公開コメント